ビットコインで元本割れするリスクや防ぐ方法について解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ビットコインで元本割れするリスクはある?
・元本割れを防ぐ方法についても教えてほしい

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ビットコインで元本割れするリスクはある?
  • ビットコインの元本割れを防ぐ方法
  • ビットコインで元本割れした際の対処法
  • 元本割れした際にやってはいけないこと

「ビットコインで元本割れするリスクはあるの?」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、ビットコインで元本割れするリスクはあります。

本記事ではビットコインで元本割れするリスクや防ぐ方法について解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

ビットコインで元本割れするリスクはある?

結論から言うと、ビットコインで元本割れするリスクはあります。

株や国債と比べてビットコインの価格変動は非常に大きいため、他の金融商品よりも元本割れするリスクは高いと言えます。

過去5年におけるビットコインの最安値、最高値、価格変動率は以下のとおり。

  • 最安値:600,000円
  • 最高値:10,900,000円
  • 価格変動率:1717%
サイト管理人

価格変動率が非常に高いことがわかります。

ただ、元本割れするリスクはどの金融商品であっても存在し、ビットコインに限ったことではありません。

ビットコインの元本割れを防ぐ方法

ビットコインの元本割れを防ぐ方法は以下の5つ。

ビットコインの元本割れを防ぐ方法
  1. 暴落時に購入する
  2. 毎週もしくは毎月定額で購入する
  3. 長期保有する
  4. トレードをしない
  5. ビットコインFXをやらない

①暴落時に購入する

ビットコインは暴落することがよくあります。

CoinMarketCap

2022年はビットコインの価格が大きく下落しました。

ただ、暴落時に購入しておけば更に価格が下がる可能性が低いため、元本割れのリスクを抑えられます。

②毎週もしくは毎月定額で購入する

株の購入方法の1つに「積立」というものがあります。

積立:毎週もしくは毎月定額で購入すること

積立はドルコスト平均法とも呼ばれ、一定の金額を一定の頻度で投資することで平均取得単価を安定させ、リスクを分散できます。

また、積立ではあらかじめ購入条件を決めておけば自動で購入してくれるので、手間暇がかかりません。

サイト管理人

ビットコインの積立はコインチェックで行えます。

③長期保有する

CoinMarketCap

上記はビットコインのチャートです。

価格の急騰と急落を繰り返しつつ年単位で見ると上昇していることが分かります。

つまり、一時的に元本割れしても長期間保有すれば元本割れにならないというわけです。

④トレードをしない

トレードを行うと多くの取引手数料がかかります。

また、ビットコインは株やFXよりも価格変動が大きので、損するリスクも高いです。

トレードをしないことが無難です。

⑤ビットコインFXをやらない

FXは外国為替取引(Foreign Exchange)の略で、通貨同士の価格差を利用して利益を得る取引のことです。

ビットコインFXはこの概念を仮想通貨に応用したもので、トレードとほぼ同じと思ってもらって差し支えありません。

ビットコインFXではFXと同様にレバレッジをかけることで、少額の資金で多額のトレードを行えます。

その反面、失敗した際は多額の損失を抱えることになります。

ビットコインで元本割れした際の対処法

ビットコインで元本割れした際の対処法は以下の2つ。

ビットコインで元本割れした際の対処法
  1. 長期保有する
  2. 損切りする

①長期保有する

上述のとおり、ビットコインの価格は急騰と急落を繰り返しつつ年単位で見ると上昇しています。

そのため、一時的に元本割れしても長期間保有すれば元本割れを防げます。

②損切りする

ビットコインは予想よりも大きく下落する場合もあります。

そのような状況では損切りするのも1つと手段です。

サイト管理人

あらかじめ損切りラインを決めておくと良いでしょう。

元本割れした際にやってはいけないこと

①狼狽売りをする

ビットコインの価格は短期的な価格変動を繰り返しつつ、長期的には上昇傾向にあります。

狼狽売りによって一時的な下落を逃れようとすると、後で市場が回復して潜在的な利益を逃す可能性があります。

②借金をする

借金をして投資を継続すると、元本割れや市場の変動によって損失が拡大する可能性があります。

その結果、借金を返済するための資金が不足し、返済が困難となるでしょう。

③情報に振り回される

ビットコインの価格変動に関する情報は多く存在しますが、情報に対して過度に振り回されると判断が曇り、誤った行動をとる可能性があります。

信頼できる情報源からの情報を選別し、冷静な判断を心がけましょう。

まとめ

今回はビットコインの元本割れリスクや元本割れした際の対処法について解説しました。

本記事の内容
  • ビットコインで元本割れするリスクはある?
  • ビットコインの元本割れを防ぐ方法
  • ビットコインで元本割れした際の対処法
  • 元本割れした際にやってはいけないこと

ビットコインで元本割れするリスクはありますが、他の金融商品にも存在します。

また、ビットコインはハイリスク・ハイリターンなので、少額から購入すると良いでしょう。

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次