ビットコインにまつわるリスクや抑える方法について解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ビットコインのリスクは?
・リスクを回避する方法を教えて

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ビットコインにまつわるリスク
  • ビットコインを持つメリット
  • ビットコインのリスクを抑える方法

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

ビットコインにまつわるリスク

ビットコインの危険性・リスクは以下の6つ。

ビットコインの危険性・リスク
  1. 取引所がハッキングされるリスク
  2. 国や政府による規制
  3. セルフゴックスのリスク
  4. 価格変動によるリスク
  5. 詐欺被害に遭うリスク
  6. 上位1%が9割を保有しているリスク

①取引所がハッキングされるリスク

ビットコインに関するリスクとしてまず挙げられるのは、暗号資産取引所がハッキングされるリスクです。

取引所がハッキングされると入出金が停止されたり、暗号資産の売買ができなくなったりします。

また、補償金が出る取引所と出ない取引所があるため、場合によっては預けた資産が戻ってこない可能性もあります。

②国や政府による規制

国や政府による規制が行われると、ビットコインの価格が大きく変動することがあります。

2021年9月に中国は暗号資産の取引を全面的に禁止し、ビットコインは約9%ほど下落しました。

特にアメリカやロシア、中国などの大国は人口が多いため、これらの国の動向はビットコインの価格に大きく影響します。

③セルフゴックスのリスク

セルフゴックスとは自分のミスで暗号資産を紛失することです。

一般的に、ビットコインは暗号資産取引所や自身のウォレットで管理します。

ウォレット:暗号資産を保管するための財布のような機能を持つツールのこと

この際、パスワードを紛失したり、第三者に知られたりすると暗号資産を失う可能性があります。

④価格変動によるリスク

暗号資産は価格変動が大きく、数時間〜数日で価格が大幅に下落することは珍しくありません。

また、株のようにストップ安、ストップ高が存在せず、どこまでも上がったり下がったりします。

サイト管理人

特に草コイン(知名度が低い暗号資産)などの価格変動は非常に大きいです。

そのため、デイトレードのような短期間で売買を繰り返す手法では大損する可能性があります。

⑤詐欺被害に遭うリスク

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではなく、詐欺も行われています。

【ビットコインに関する詐欺】

  • ポンジスキーム:運用利益を配分すると見せかけて出資金を集めてお金を持ち逃げする
  • フィッシング詐欺:偽サイトへ誘導しパスワードやシークレットフレーズを入手する
サイト管理人

パスワードや個人情報は他者に送らないようにしましょう。

⑥上位1%が9割を保有しているリスク

ビットコインの保有シェアは均等になっているわけではありません。

上位1%が9割のビットコインを保有しています。

ビットコインが多く売られると価格は下がり、上位1%の保有者の動向によって価格が左右されるリスクも存在します。

ビットコインを持つメリット

ビットコインを持つメリットは以下の3つ。

ビットコインを持つメリット
  1. 資産を防衛できる
  2. 少額でも利益が出やすい
  3. 将来的な価格上昇が期待できる

①資産を防衛できる

法定通貨である日本円は国家によって価値が保障されているものの、円安や銀行破綻などのリスクは存在します。

そのため、資産を全て日本円で持っていると大きな損害を被る可能性があります。

しかし、ビットコイン普及により、誰でも預金の一部を別の資産に変えることが可能です。

特にビットコインは発行枚数が2,100万枚と決められており、その希少性からデジタルゴールドと呼ばれています。

②少額でも利益が出やすい

ビットコインは非常に価格変動が大きい通貨であり、短時間で大きく価格が変わることは珍しくありません。

しかし、その代わり少額でも利益が出やすいというメリットもあります。

③将来的な価格上昇が期待できる

2009年当初のビットコインは約0.07円でしたが、急落と急騰を繰り返しながら数百万円まで価値が上昇しました。

最近ではビットコインを法定通貨にする国も増えており、今後も価格上昇が期待できるでしょう。

ビットコインのリスクを抑える方法

ビットコインのリスクを抑える方法は以下の7つ。

ビットコインのリスクを抑える方法
  1. 余剰資金で購入する
  2. 長期投資を行う
  3. 安全性・信頼性の高い暗号資産取引所を使用する
  4. メールやDMは基本無視する
  5. 自分でよく調べる
  6. 高利回りに注意する
  7. セキュリティを強化する

①余剰資金で購入する

上述のとおり、暗号資産は価格変動が大きく、数時間〜数日で価格が大幅に下落することは珍しくありません。

ビットコインを購入する際は余剰資金で購入するようにしましょう。

②長期投資を行う

ビットコインは短期的な価格変動を繰り返しながらも、長期的には価格が上昇する傾向があります。

CoinMarketCap

上記はビットコインのチャートであり、価格の急騰と急落を繰り返しつつ、年単位で見ると上昇していることが分かります。

ビットコインを投資する際は長期投資を行う良いでしょう。

サイト管理人

長期投資はガチホとも呼びます。

なお、ビットコインの長期保有については「ビットコインのガチホはいつまで?【結論:2030年まで】」をご覧ください。

安全性・信頼性の高い暗号資産取引所を使用する

安全性・信頼性の高い暗号資産取引所を使用することで、ハッキングのリスクを下げられます。

【主な安全性・信頼性の高い暗号資産取引所】

  • bitbank:2018年10月にICORatingが実施する取引所セキュリティレポートで国内No.1(世界第22位)の評価を受ける
  • Coincheck:東証プライムに上場しているマネックスグループの子会社
  • GMOコイン:東証プライムに上場しているGMOインターネットグループの子会社

ただ、どれだけセキュリティ対策を行なっている取引所であっても、少なからずリスクがあることを覚えておきましょう。

④メールやDMは基本無視する

暗号資産の購入を催促するメールやDMは基本無視しましょう。

また、メールやDMが届かないように設定しておくことも重要です。

⑤自分でよく調べる

暗号資産の世界では詐欺や不確かな情報が多く、高度なネットリテラシーが必要です。

また、わからないことを安易に質問していると悪意を持つ人に付け込まれる危険性もあります。

1人の発信者、1つのコミュニティの情報だけを鵜呑みにせず、自分で調べる癖をつけましょう。

⑥高利回りに注意する

投資詐欺の王道であるポンジスキームでは、高利回りを謳い投資家から資金を募って持ち逃げします。

高利回りをアピールするサービスがあったら、なぜ利回りが高いのかをしっかり調べましょう。

サイト管理人

高利回りでも健全なサービスは存在するため、なぜ利回りが高いのかを調べることが重要です。

⑦セキュリティを強化する

一般的に、ビットコインは暗号資産取引所や自身のウォレットで管理します。

ただ、取引所や自身のウォレットがハッキングされたり、パスワードやシークレットフレーズを紛失したりする可能性があります。

そのため、難解なパスワードを設定する、認証方法を2段階にする、パスワードやシークレットフレーズを厳重に管理することが重要です。

まとめ

今回はビットコインにまつわるリスクや抑える方法について解説しました。

本記事の内容
  • ビットコインにまつわるリスク
  • ビットコインを持つメリット
  • ビットコインのリスクを抑える方法

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次