【徹底比較】eMAXIS Slimと楽天インデックスどっちに投資すべき?

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・eMAXIS Slimと楽天インデックスどっちに投資すべき?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • eMAXIS Slimとは?
  • 楽天インデックスとは?
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスの比較
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスどっち?
  • eMAXIS Slimと楽天ンデックス両方はあり?
  • eMAXIS Slimに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスに関するQ&A

「eMAXIS Slimと楽天インデックスどっちに投資すべき?」と悩んでいませんか?

結論から言うと、eMAXIS Slimがおすすめです。

どちらも手数料は大差ありませんが、実績はeMAXIS Slimの方が豊富で安心感があります。

本記事ではeMAXIS Slimと楽天インデックスどっちに投資すべきかについて解説します。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

目次

eMAXIS Slimとは?

eMAXIS SlimはeMAXISシリーズのうちの1つで、低コストを意識した投資信託です。

eMAXIS Slimシリーズの投資信託の手数料はどれも最安級と言えるほどの水準です。

そのため、投資家からの人気が高く、約6,000本ある投資信託の中で純資産額1位と2位はどちらもeMAXIS Slimの投資信託となっています。

純資産額とは?

純資産総額は組み入れられている株式や債券など資産の時価総額のことで、投資信託の規模を表します。

純資産総額が多いほど多くの人から投資されていることを意味します。

サイト管理人

1位はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、2位はeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) です。

楽天インデックスとは?

楽天インデックスは楽天投信投資顧問が運用する投資信託です。

楽天インデックスには「楽天インデックスシリーズ」と「楽天プラスシリーズ」の2種類があり、楽天プラスシリーズでは保有残高に応じてポイントが還元されます。

サイト管理人

このポイントはクレカ積立で得られるポイントとは別に獲得可能。

ポイント対象の投資信託と還元率は?

ポイント対象の投資信託と還元率は以下のとおり。

スクロールできます
対象還元率(年率)
楽天オールカントリー株式インデックスファンド0.017%
楽天S&P500インデックスファンド0.028%
楽天先進国株式(除く日本)インデックスファンド0.033%
楽天日経225インデックスファンド0.053%
楽天NASDAQ-100インデックスファンド0.05%
楽天SOXインデックスファンド0.05%
投信残高ポイントプログラム

手数料が安いことに加え、ポイントも還元されることからeMAXIS Slimと同じく投資家からの人気が高いです。

なお、楽天プラスシリーズは楽天証券でのみ購入できます。

eMAXIS Slimと楽天インデックスの比較

運用実績

主な投資信託の運用開始年の比較は以下のとおり。

スクロールできます
eMAXIS Slim運用開始年楽天インデックス運用開始年
全世界株式(オールカントリー)2018年楽天オールカントリー2023年
米国株式(S&P500)2018年楽天S&P5002023年
全米株式2023年楽天全米2017年
先進国株式2017年楽天先進国2023年
新興国株式2017年楽天新興国2018年

eMAXIS Slimシリーズの方が長い期間運用されている投資信託が多いです。

また、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2023」において、eMAXIS Slimシリーズのうち5本が10位以内にランクインしています。

  • 1位:eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • 3位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 5位:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • 6位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 9位:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

上記のことから、運用実績はeMAXIS Slimの方が豊富と言えるでしょう。

純資産額

純資産総額は組み入れられている株式や債券など資産の時価総額のことで、投資信託の規模を表します。

純資産総額が多いほど多くの人から投資されていることを意味します。

eMAXIS Slim楽天インデックス
8兆円1兆6000億円

純資産額はeMAXIS Slimの方が大きいです。

信託報酬

信託報酬は投資信託の主な手数料です。(実際は信託報酬以外にも手数料がかかります。)

主な投資信託の手数料の比較は以下のとおり。

スクロールできます
eMAXIS Slim信託報酬楽天インデックス信託報酬
全世界株式(オールカントリー)0.05775%楽天オールカントリー0.0561%
米国株式(S&P500)0.09372%楽天S&P5000.077%
全米株式0.09372%楽天全米0.132%
先進国株式0.09889%楽天先進国0.088%
新興国株式0.1518%楽天新興国0.132%

全体的に信託報酬は楽天インデックスの方が安いですが、どちらも大差ありません。

eMAXIS Slimと楽天インデックスどっち?

eMAXIS Slimをおすすめします。

三菱UFJアセットマネジメントは1985年に設立されたのに対し、楽天投信投資顧問は2006年です。

さらに、楽天インデックスはつい最近運用が開始されたものも多いです。(eMAXIS SlimはeMAXIS Slim 全米株式のみ。)

楽天証券を利用している場合、対象の楽天インデックスの保有残高に応じてポイントがもらえますが、改悪や廃止される可能性もあります。

運用実績が豊富で、過去5年以上にわたって業界最低水準の低コストを実現し続けているeMAXIS Slimの方が無難です。

サイト管理人

どちらも手数料は大差ありません。

eMAXIS Slimと楽天インデックス両方はあり?

同じ指数に連動する場合であれば両方持つ必要はありません。

サイト管理人

例えば、オルカンと楽天オルカンなどですね。

目標とする株価指数が同じであれば分散効果はほとんどありません。

加えて、投資信託を保有すると手数料がかかるので、余計にコストがかさみます。

目標とする株価指数が異なる場合であれば両方の保有にメリットがありますが、同じであれば両方持つ必要はないでしょう。

eMAXIS Slimに乗り換えるべき?

乗り換えを検討しても良い場合

乗り換えを検討しても良い場合は以下のとおり。

  • NISA口座を利用している
  • 運用歴が短い
  • 購入数量が少ない

NISA口座であれば売却益に対して課税されませんし、新NISAでは売却するとその分だけ非課税枠が復活します。

また、購入数量が少なかったり、運用歴が浅かったりすると売却益は小さいので、課税額は少なくなります。

乗り換えをおすすめしない場合

乗り換えをおすすめしない場合は以下のとおり。

  • 課税口座を利用している
  • 運用歴が長い
  • 購入数量が多い

課税口座では売却すると利益(売却価格-購入価格)に対して20%ほど課税されます。

また、運用歴が長いと複利が働いているので、他の投資信託に乗り換えると運用効率が悪くなる可能性もあります。

投資信託の買い方

投資信託の買い方は以下のとおり。

投資信託の買い方
  1. 証券口座を開設する
  2. 投資信託を積立購入する

①証券口座を開設する

投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

多くのネット証券ではNISA口座での取引手数料が無料になったので、使用するクレジットカードによって証券口座を選ぶと良いでしょう。

NISA口座(非課税口座)とは?

証券口座には課税口座(一般口座と特定口座)とNISA口座(非課税口座)があります。

課税口座で投資を行い利益を得たら20%の税金がかかりますが、NISA口座で投資を行えば税金がかかりません。

サイト管理人

クレジットカードで積立するとポイントが還元されます。

なお、マネックス証券のポイント還元率は1.1%とトップクラスの還元率を誇ります。

三井住友カードや楽天カード、au PAY カードを持っていない方は、マネックスカードを作成してマネックス証券を利用すると良いでしょう。

②投資信託を積立購入する

証券口座を開設したら投資信託を積立購入します。

つみたて投資枠、成長投資枠とは?

新NISAでは、年間投資枠120万円の「つみたて投資枠」と年間投資枠240万円の「成長投資枠」が設けられています。

つみたて投資枠ではつみたて投資のみ行えますが、成長投資枠では一括投資とつみたて投資の両方が可能です。

そのため、つみたて投資に年間最大360万円あてることもできます。

なお、新NISAにおける非課税保有限度枠は1,800万円であり、最短5年で全ての枠を埋められます。

eMAXIS Slimと楽天インデックスに関するQ&A

オルカンと楽天オルカンの違いは?

オルカンと楽天オルカンはどちらも全世界株価指数「ACWI」に連動する投資信託です。

オルカン:eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の愛称

先進国(23ヵ国)・新興国(24ヵ国)の株式約3,000銘柄で構成され、一本だけで世界中の企業に投資できます。

両者の違いは運用方法と純資産額、信託報酬であり、投資するならオルカンの方がおすすめです。

詳しくは「オルカンと楽天オルカンの違いは?どっちに投資すべき?」をご覧ください。

楽天S&P500とeMAXIS Slim 米国株式どっち?

楽天S&P500とeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はどちらもS&P500に連動する投資信託です。

目標とする指数は同じですが、運用方法や純資産額、手数料、利回りなどが異なります。

また、特にこだわりがなければeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がおすすめです。

詳しくは「楽天S&P500とeMAXIS Slim 米国株式どっちを買うべき?」をご覧ください。

オルカンと楽天VTI両方買うのはあり?

オルカンは47の国と地域を含む約3,000銘柄に投資できる投資信託で、楽天VTIは米国のほぼ全ての上場企業に投資できる投資信託です。

ただ、オルカンは米国が6割を占め、両方買うと米国に偏ってしまうことからおすすめしません。

詳しくは「オルカンと楽天VTIの違いは?両方買うのはあり?」をご覧ください。

まとめ

今回はeMAXIS Slimと楽天インデックスどっちに投資すべきかについて解説しました。

本記事の内容
  • eMAXIS Slimとは?
  • 楽天インデックスとは?
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスの比較
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスどっち?
  • eMAXIS Slimと楽天インデックス両方はあり?
  • eMAXIS Slimに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方
  • eMAXIS Slimと楽天インデックスに関するQ&A

手数料は全体的に楽天インデックスの方が安く、楽天証券を利用している場合は対象の楽天インデックスの保有残高に応じてポイントがもらえます。

ですが、楽天インデックスは運用期間が短いものが多く、ポイント還元が改悪・廃止される可能性もあるでしょう。

運用実績が豊富で、過去5年以上にわたって業界最低水準の低コストを実現し続けているeMAXIS Slimがおすすめです。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次