【初心者向け】ビットコインの価格が下がる理由について解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ビットコインの価格が下落する理由は?
・理由についてわかりやすく教えてほしい

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ビットコインの価格が下落する要因
  • ビットコインの価格が下落した時の対処法
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

ビットコインの価格が下落する要因

ビットコインの価格が下落する要因は以下の5つ。

ビットコインの価格が下落する要因
  1. 大国の規制強化
  2. 他の暗号資産の影響を受ける
  3. 仮想通貨取引所の破綻
  4. 株式市場・為替市場との連動
  5. USDT(テザー)の発行停止

①大国の規制強化

1つ目は、大国が暗号資産に対する規制を強化することです。

人口規模の大きい大国がビットコインなどの暗号資産に対する規制を強化すると価格が下落する傾向にあります。

サイト管理人

人口が多いと必然的にビットコイン保有者も多くなります。

2017年9月には中国で「仮想通貨交換業者の運営の禁止」が発表され、ビットコインの価格は30%ほど下落しました。

また、2021年9月に中国は仮想通貨の取引を全面的に禁止し、ビットコインの価格が約9%ほど下落。

今後もアメリカやロシア、中国などの動向によって、ビットコインの価格が大きく変わるでしょう。

②他の暗号資産の影響を受ける

2つ目は、他の暗号資産の影響を受けることです。

他の暗号資産の下落が原因でビットコインの価格が下落するケースがあります。

2022年5月にステーブルコインのUSTが大量売却され、USTの裏付け資産となっているLUNAの価格が99.9%下落しました。

また、LUNAが暴落したことにより、ビットコインの価格も8%ほど下がりました。

ある暗号資産の信用が下落すると、暗号資産全体の信用の毀損につながることがあります。

サイト管理人

ビットコイン単体だけでなく、他の暗号資産の動向も重要です。

③仮想通貨取引所の破綻

3つ目は、仮想通貨取引所が破綻することです。

仮想通貨取引所が破綻すると暗号資産全体に大きな悪影響を及ぼします。

2014年に当時世界最大級のビットコイン取引量を誇っていたマウントゴックス社がハッキングされ、顧客資産の多くが流失し破綻しました。

また、2022年11月には世界最大級の仮想通貨取引所であるFTXが破綻し、ビットコインの価格も大幅に下がりました。

海外取引所の中にはBinanceやBybitなどユーザー数が1,000万人を超える取引所もあり、暗号資産全体に大きな影響を与える可能性があります。

④株式市場・為替市場との連動

4つ目は、株式市場・為替市場との連動することです。

株式市場や為替市場の下落と連動し、暗号資産市場が下落するケースも見られます。

大国の金融政策に伴って投資熱が冷え込むと、金融市場から資金が抜けていきます。

その結果、金融資産の売りが強くなり株価と同様の動きを見せながら暗号資産も下落。

サイト管理人

暗号資産は他の金融商品にも影響を受けます。

⑤USDT(テザー)の発行停止

5つ目は、USDT(テザー)の発行が停止されることです。

海外取引所ではUSDT(テザー)建てでビットコインを購入できるため、USDTの発行が停止されるとビットコインの購入量が減る場合があります。

2018年2〜3月にかけてUSDTの発行がほとんどストップされ、同時期にビットコインの価格も下落基調に。

なお、USDTを発行するテザー社に対して「不当に発行してビットコインの価格を操作したのでは?」という疑念の声が上がっています。

ビットコインの価格が下落した時の対処法

ビットコインの価格が下落した時の対処法は以下の3つ。

ビットコインの価格が下落した時の対処法
  1. 損切りする
  2. ビットコインを買い増す
  3. そのまま持ち続ける

①損切りする

損切りとは、どのくらいの損失が出れば売りに出すかをあらかじめ決めておき、設定していた金額を下回れば売りに出す手法のこと。

売る勇気を持てないと損失額が膨らんでしまうため、損切りラインを決めておくことは重要です。

サイト管理人

あらかじめ損切りラインを決めておくと良いでしょう。

②ビットコインを買い増す

下落している際は通常よりも安くビットコインを購入できます。

さらに下落する可能性はありますが、買い増すのも一つの手段です。

③そのまま持ち続ける

ビットコインは過去何度も下落しましたが、その後再び上昇しています。

慌てずそのまま持ち続けるのも有効と言えるでしょう。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法は以下のとおり。

ビットコインの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. ビットコインを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1のコインチェックです。

②ビットコインを購入する

口座を開設したらビットコインを購入しましょう。

ビットコインの運用方法

ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、積極的に活用しましょう。

おすすめはレンディングサービスのBitLendingです。

レンディング:保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利益を得る方法のこと

BitLendingでは所持しているビットコインを一定期間貸し出すことで国内最高年率となる8%の利子を得られます。

貸し出しは無料で行えます(最低貸出数量:0.01BTC)。始め方については以下の記事をご覧ください。

サイト管理人

筆者もBitLendingで貸出を行っています。

ビットコインの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

ビットコインで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

ビットコインはいつまで持つべき?

ビットコインは2025年まで所持しておくことをオススメします。

詳しくは「ビットコインのガチホはいつまで?」をご覧ください。

ビットコインはいくら買えばいい?

ビットコインは価格変動が大きいですが、少額でも利益が出やすいです。

そのため、数千円〜数万円ほどのビットコインで十分といえるでしょう。

詳しくは「仮想通貨(ビットコイン)は少額投資で十分!」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ上がるの?

ビットコインの価格が上がる主な要因は以下の7つ。

  • ビットコインの利用が普及する
  • 半減期による供給量の減少
  • 有事の際に避難通貨として買われる
  • 法定通貨として利用される
  • 大型アップデートの実施
  • ビットコインETFの承認
  • USDT(テザー)の発行

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が上がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はビットコインを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はビットコインの価格が下落する理由について解説しました。

本記事の内容
  • ビットコインの価格が下落する要因
  • ビットコインの価格が下落した時の対処法
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次