【初心者向け】ビットコインの価格が上がる理由について解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ビットコインの価格が上昇する理由は?
・理由についてわかりやすく教えてほしい

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ビットコインの価格が上昇する要因
  • ビットコインの今後の価格に影響を与えるポイント
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

ビットコインの価格が上昇する要因

ビットコインの価格が上昇する要因は以下の7つ。

ビットコインの価格が上昇する要因
  1. ビットコインの利用が普及する
  2. 半減期による供給量の減少
  3. 有事の際に避難通貨として買われる
  4. 法定通貨として利用される
  5. 大型アップデートの実施
  6. ビットコインETFの承認
  7. USDT(テザー)の発行

①ビットコインの利用が普及する

1つ目は、ビットコインの利用が普及することです。

企業に決済手段として採用されることで、より世の中に普及していくことが予想されるため、多くの投資家がビットコインを購入する傾向にあります。

過去にはDellやマイクロソフトなどの決済手段として採用されるたびに価格が上昇しました。

最近では2021年にテスラが電気自動車の購入手段としてビットコインを採用。(現在は停止中)

②半減期による供給量の減少

2つ目は、半減期により供給量が減少することです。

半減期:新規発行されるビットコインが半分になることであり、4年に一度訪れる

ビットコインの価格は需要と供給の関係によって決まるため、半減期が訪れると価格が上昇しやすくなります。

サイト管理人

過去3回の半減期(2012年、2016年、2020年)の翌年には価格が上昇しました。

③有事の際に避難通貨として買われる

3つ目は、有事の際に避難通貨として買われることです。

ビットコインは国家や企業に管理されていない金融商品であるため、有事の際に避難通貨として使われることがあります。

2013年にキプロス危機が起きた際には、ユーロなどの法定通貨に対する信用が低下し、避難通貨としてビットコインに人気が集まりました。

また、2023年ではアメリカの大手銀行であるシリコンバレー銀行が破綻した後にビットコインの価格が高騰。

サイト管理人

ただ、有事の際の価格上昇は一時的なものと言えるでしょう。

④法定通貨として利用される

4つ目は、法定通貨として利用されることです。

2021年に中南米のエルサルバドルでビットコインを法定通貨とする法律を施行。

この影響を受け、1BTC=約500万円だった価格は約1か月後には約750万円にまで上昇しました。

また、エルサルバドルに次いで、スイスのルガーノ市や中央アフリカなどがビットコインを採用しています。

⑤大型アップデートの実施

5つ目は、大型アップデートの実施です。

ビットコインをはじめとする暗号資産は開発者によってアップデートが行われます。

2017年8月にはSegwit(セグウィット)、2021年11月にはTaproot(タップルート)が実装され、ビットコインの価格高騰に大きな影響をもたらしました。

⑥ビットコインETFの承認

6つ目は、ビットコインETFの承認です。

ビットコインETF:ビットコインの値動きに連動した上場投資信託であり、証券取引所で購入可能

ビットコインETFが承認されると投資家の投資マネーがビットコイン市場へ流れ、価格が高騰する傾向にあります。

2021年10月に米国で初めてビットコインETF(先物)が上場し、ビットコインの価格高騰につながりました。

⑦USDT(テザー)の発行

海外取引所ではUSDT(テザー)建てでビットコインを購入可能。

そのため、USDTの発行量が増えるとビットコインの購入量が増える場合があります。

USDTの発行残高が急増した2019年4〜5月、2019年6〜7月にビットコインの価格も連動するように上昇。

なお、USDTを発行するテザー社に対して「不当に発行してビットコインの価格を操作したのでは?」という疑念の声が上がっています。

ビットコインの今後の価格に影響を与えるポイント

ビットコインの今後の価格に影響を与えるポイントは以下の3つ。

ビットコインの今後の価格に影響を与えるポイント
  1. 2024年4月に半減期が到来
  2. ビットコインETFの上場
  3. 米国の金融政策

①2024年4月に半減期が到来

ビットコインには半減期というものがあります。

半減期:新規発行されるビットコインが半分になることであり、4年に一度訪れる

半減期が訪れることのメリットは、ビットコインの価格が上昇することです。

仮想通貨の価格は日本円と同じように需要と供給のバランスによって決まります。

半減期が訪れるとビットコインの供給量が減少するため、価格が上昇するというわけです。

上記の画像のとおり、2016年と2020年に半減期が訪れた後にビットコインの価格が上昇しました。

  • 2017年12月 1BTC=約200万円
  • 2021年11月 1BTC=約750万円

最近では2024年4月に半減期が訪れ、過去の傾向を踏まえると2025年に大きな価格上昇が期待できそうです。

②ビットコインETFの上場

2021年10月に米国で初めてビットコインETF(先物)が上場しました。

また、2024年1月11日には米国でビットコインETF(現物)が上場。

ビットコインETFが上場すると、その後は価格が高騰する傾向にあります。

③米国の金融政策

一般的に、金利が上昇するとリスク資産が売られ、安全資産(ドルや米国債など)が買われる傾向があります。

なぜなら、値動きの激しい暗号資産よりも比較的安全な金融商品を選んだ方が割に合うからですね。

そのため、想定以上の利上げが行われるとビットコインを売り、ドルや米国債を買う人が増える可能性があります。

サイト管理人

ビットコインを売る人が増えると、価格は下落するでしょう。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法は以下のとおり。

ビットコインの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. ビットコインを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1のコインチェックです。

②ビットコインを購入する

口座を開設したらビットコインを購入しましょう。

ビットコインの運用方法

ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、積極的に活用しましょう。

おすすめはレンディングサービスのBitLendingです。

レンディング:保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利益を得る方法のこと

BitLendingでは所持しているビットコインを一定期間貸し出すことで国内最高年率となる8%の利子を得られます。

貸し出しは無料で行えます(最低貸出数量:0.01BTC)。始め方については以下の記事をご覧ください。

サイト管理人

筆者もBitLendingで貸出を行っています。

ビットコインの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

ビットコインで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

ビットコインはいつまで持つべき?

ビットコインは2025年まで所持しておくことをオススメします。

詳しくは「ビットコインのガチホはいつまで?」をご覧ください。

ビットコインはいくら買えばいい?

ビットコインは価格変動が大きいですが、少額でも利益が出やすいです。

そのため、数千円〜数万円ほどのビットコインで十分と言えるでしょう。

詳しくは「ビットコインは少額で儲からない?儲かる理由やコツについて解説」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ下がる?

ビットコインの価格が下がる主な要因は以下の5つ。

  • 大国の規制強化
  • 他の暗号資産の影響を受ける
  • 仮想通貨取引所の破綻
  • 株式市場・為替市場との連動
  • USDT(テザー)の発行停止

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が下がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はビットコインを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はビットコインの価格が上昇する理由について解説しました。

本記事の内容
  • ビットコインの価格が上昇する要因
  • ビットコインの今後の価格に影響を与えるポイント
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するよくある質問
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次