【初心者向け】リップルの価格が上がる理由について解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・リップルの価格が上昇する理由は?
・理由についてわかりやすく教えてほしい

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • リップルの価格が上昇する要因
  • リップルの今後の価格に影響を与えるポイント
  • リップルの購入方法
  • リップルの購入・運用に関するQ&A
  • リップルを購入・運用する際の注意点

なお、リップルを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

\仮想通貨取引量国内No.1/

目次

リップルの価格が上昇する要因

リップルの価格が上昇する理由は以下の3つ。

リップルの価格が上昇する理由
  1. 大手金融機関との提携
  2. 暗号資産市場の動向
  3. リップル社の動向

①大手金融機関との提携

リップルはもともと国際送金のために作られた暗号資産です。

そのため、大手金融機関と提携した際は需要の増加が見込まれるため、価格が上昇する傾向にあります。

サイト管理人

SBIホールディングスと提携した2017年にはリップルの価格が大きく上昇しました。

今後リップルと提携する大手金融機関が増えれば、リップルに大きな影響を与えるでしょう。

②暗号資産市場の動向

暗号資産市場の動向はリップルを含め暗号資産全体に影響を与えます。

暗号資産市場が好況であればリップルの価格は上昇する傾向にあり、不況であれば下落する傾向にあります。

なお、暗号資産市場の動向に最も影響を与えている暗号資産は、時価総額・知名度共にNo.1のビットコインです。

ビットコインの価格が上昇する要因は多くありますが、主な要因は以下の2つ。

【ビットコインの価格が上昇する要因】

  • 半減期
  • ビットコインETFの上場

半減期とは発行量が半減することであり、暗号資産の価格が需要と供給のみで決まるため、半減期が訪れるとビットコインの価格が上昇しやすくなります。

また、ビットコインETFとはビットコインの価格に連動するETF(上場投資信託)のことであり、証券取引所で取引可能です。

ビットコインETFが上場すると投資家の資金がビットコイン市場に流れるため、価格高騰につながります。

サイト管理人

なお、ビットコインETFが上場するには金融規制当局(アメリカならSEC(米国証券取引委員会)、日本なら金融庁)から承認を受ける必要があります。

ビットコインの価格が上昇する理由についてより詳しく知りたい方は「【初心者向け】ビットコインの価格が上がる理由について解説」をご覧ください。

③リップル社の動向

通常の暗号資産であれば特定の管理者は存在せず、分散的に管理されていますが、リップルはリップル社が発行・管理を行っています。

そのため、リップル社に関するポジティブニュースがあると価格が高騰する傾向にありますが、ネガティブニュースの場合は下落する可能性が高くなります。

サイト管理人

2020年12月にSEC(米証券取引員会)から提訴された際はリップルの価格が急落しました。

加えて、2023年7月14日に米地裁が「XRPは有価証券ではない」との判決を下し、リップルの価格は一時的に急騰しました。

リップルは中央集権的な暗号資産であるため、リップル社の動向は非常に重要であると言えるでしょう。

リップルの今後の価格に影響を与えるポイント

リップルの今後の価格に影響を与えるポイントは以下の4つ。

リップルの今後の価格に影響を与えるポイント
  1. ビットコイン半減期
  2. ビットコインETFの上場
  3. SECとの裁判
  4. リップルの実用性

①ビットコインの半減期

2024年4月にビットコインの半減期が訪れ、次は2028年となっています。

また、過去に半減期が訪れた際はその翌年に価格が上昇しました。

サイト管理人

2025年に価格が上昇する可能性があります。

②ビットコインETFの上場

2021年10月に米国でビットコインETF(先物)が承認され、ビットコインの価格が上昇しました。

2024年1月11日にはアメリカでビットコインETF(現物)が承認され、ビットコインETFを承認する国は今後も増加することが見込まれます。

③SECとの裁判

現在リップル社はSEC(米国証券取引委員会)より「リップルは証券に該当し、リップル社は無登録の証券を販売して不当に利益を得ている」との理由で訴訟を受けています。

2023年7月に「リップル自体は有価証券ではない」という判決を米地裁は下し、リップル側の一部勝訴となりました。

また、SECは控訴しましたが、控訴は認められませんでした。

サイト管理人

なお、SECとリップルの訴訟はまだ終結しておらず、終結するのは2024年〜2025年ごろでしょう。

④リップルの実用性

リップル送金ネットワークは徐々に拡大しており、これまでに企業や銀行など多くの金融機関が参加しています。

【国内】

  • SBIホールディングス
  • りそな銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • MUFG(三菱UFJファイナンシャルグループ)

【海外】

  • アメリカン・エキスプレス
  • バンク・オブ・アメリカ
  • インダスインド銀行
  • サンタンデール銀行
  • タイ銀行

ただ、実際にリップルを利用しているところは少なく、実証実験を行なっている金融機関がほとんどです。

実際にリップルが使われるようになれば、リップルの普及につながります。

リップルの購入方法

リップルの購入方法は以下のとおり。

リップルの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設
  2. リップルを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設

暗号資産を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ取引所の口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

②リップルを購入する

仮想通貨取引所の口座を開設したらリップルを購入します。

リップルの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

リップルで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

リップルはいつまで持つべき?

リップルは今後も成長することが見込まれています。

なお、リップルは2025年までは持っておくことを推奨します。

詳しくは「リップルのガチホはいつまで?【結論:2025年まで】」をご覧ください。

リップルの価格が下がる理由は?

リップルの価格が下がる理由は以下の2つ。

【リップルの価格が下がる理由】

  • 暗号資産市場の動向
  • リップル社の動向

詳しくは「【初心者向け】リップルの価格が下がる理由について解説」をご覧ください。

リップルを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はリップルを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はリップルの価格が上がる理由について解説しました。

本記事の内容
  • リップルの価格が上昇する要因
  • リップルの今後の価格に影響を与えるポイント
  • リップルの購入方法
  • リップルの購入・運用に関するよくある質問
  • リップルを購入・運用する際の注意点

なお、リップルを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

\仮想通貨取引量国内No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次