【徹底比較】全世界株式は「オルカン」と「除く日本」どっちが良い?

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・オルカンとオルカン(除く日本)の違いは?
・どっちが良い?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • オルカンとは?
  • オルカン(除く日本)とは?
  • なぜ除く日本があるのか?
  • オルカンと除く日本の比較
  • 日本株を除く必要がない理由
  • オルカンと除く日本どっち?
  • オルカンと除く日本両方はあり?
  • オルカンに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方

「オルカンとオルカン(除く日本)どっちが良い?」と悩んでいませんか?

結論から言うと、オルカンをおすすめします。

日本株の上昇率は低くないことに加え、日本株の割合はオルカン内で小さいです。

本記事ではオルカンとオルカン(除く日本)の違いやオルカンをおすすめする理由について解説します。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

目次

オルカンとは?

オルカンは三菱UFJアセットマネジメントが運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」という投資信託です。

全世界株価指数「ACWI」に連動するインデックスファンドで、先進国(23ヵ国)・新興国(24ヵ国)の株式約3,000銘柄で構成されています。

三菱UFJアセットマネジメント

人気・知名度が高く、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year」では5回連続(2019年〜2023年)で第1位に輝いています。

そんなオルカンは、強い国には多く投資して弱い国には少なく投資する「時価総額加重平均」を用いています。

現在は米国が全体の62.3%を占め、日本は5.5%、英国は3.7%となっていますが、新興国がさらに成長すれば比率は大きく変わります。

オルカン(除く日本)とは?

オルカン(除く日本)は、日本の株式が除かれたオルカンのことです。

日本を除いた先進国(22ヵ国)と新興国(24ヵ国)の株式で構成され、米国とスイス、新興国の比率が通常のオルカンよりも大きくなっています。

三菱UFJアセットマネジメント

日本が除かれた分だけ外貨比率が高まっていることから、よりドル円の為替のリスクを受けやすくなっています。

なぜ除く日本があるのか?

除く日本の需要は主に以下の3つ。

  • 日本株の配分を自分でコントロールしたい
  • 日本株の部分を個別株で投資してる
  • 日本に投資したくない

除く日本を利用することで日本株の配分を自由に調節可能です。

例えば、eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)を50%、除く日本を50%組み入れることで日本株の比率をオルカンよりも大きくできます。

また、日本は今後人口減少が予測されていることから、日本に投資したくないという投資家もいます。

オルカンと除く日本の比較

運用方法

オルカンの場合、株式に直接投資します。

三菱UFJアセットマネジメント

除く日本の場合も同様に、株式に直接投資します。

三菱UFJアセットマネジメント

運用方法はどちらも同じです。

構成国

スクロールできます
国・地域オルカン除く日本
米国62.3%65.9%
日本5.5%
イギリス3.7%3.9%
フランス2.9%3.1%
カナダ2.9%3.0%
スイス2.1%2.5%
その他(先進国)12.0%10.2%
新興国10.7%11.3%

除く日本には日本が含まれていないことに加え、米国とスイス、新興国の比率が大きくなっています。

それ以外はどちらも大差ありません。

組入銘柄

オルカンと除く日本の組入上位5銘柄は以下のとおり。

スクロールできます
オルカン除く日本
銘柄比率銘柄比率
マイクロソフト4.0%マイクロソフト4.25
アップル3.9%アップル4.2%
エヌビディア2.7%エヌビディア2.8%
アマゾン2.2%アマゾン2.4%
メタ・プラットフォームズ1.5%メタ・プラットフォームズ1.6%

比率は若干異なりますが、組入上位5銘柄はどちらも同じです。

純資産額

純資産総額は組み入れられている株式や債券など資産の時価総額のことで、投資信託の規模を表します。

純資産総額が多いほど多くの人から投資されていることを意味します。

オルカン除く日本
3兆1000億円4,600億円

純資産額はオルカンの方が大きいです。

手数料

スクロールできます
オルカン除く日本
購入時手数料無料無料
信託財産留保額無料無料
信託報酬0.05775%0.05775%
その他0.03%0.04%
実質コスト0.08775%0.09775%

手数料はオルカンの方が安いですが、どちらもほぼ同じです。

利回り

スクロールできます
オルカン除く日本
2018年-7.5%-8.2%
2019年26.8%27.5%
2020年9.0%9.0%
2021年32.7%34.1%
2022年-5.6%-5.6%
2023年19.6%19.6%
平均12.5%12.7%

利回りは除く日本の方が高いですが、どちらも大差ありません。

新NISAの対象

つみたて投資枠成長投資枠
オルカン
除く日本
つみたて投資枠、成長投資枠とは?

新NISAでは、年間投資枠120万円の「つみたて投資枠」と年間投資枠240万円の「成長投資枠」が設けられています。

つみたて投資枠ではつみたて投資のみ行えますが、成長投資枠では一括投資とつみたて投資の両方が可能です。

そのため、つみたて投資に年間最大360万円あてることもできます。

なお、新NISAにおける非課税保有限度枠は1,800万円であり、最短5年で全ての枠を埋められます。

どちらもつみたて投資枠と成長投資枠の対象です。

日本株を除く必要がない理由

日本株を除く必要がない理由は以下の2つ。

日本株を除く必要がない理由
  1. 日本株の上昇率は低くない
  2. オルカン内で日本株の割合が小さい

①日本株の上昇率は低くない

日本を代表する株価指数の「TOPIX」と米国を代表する株価指数の「S&P500」には大きな差があります。

ただ、S&P500からGAFAMを除いた場合の上昇率はTOPIXとほぼ変わりません。

経済産業省

GAFAMが大きく成長しただけで、日本株の成長は低くないことが分かります。

②オルカン内で日本株の割合が小さい

オルカンは強い国には多く投資して弱い国には少なく投資する「時価総額加重平均」を用いており、日本株は5%しか含まれていません。

三菱UFJアセットマネジメント

そもそもの割合が小さいので、除いても除かなくても成果は大差ありません。

加えて、オルカンでは時価総額の変化によって構成国の比率も自動で変化します。

スクロールできます
2009年2019年2023年
米国41.7%55.0%62.3%
日本9.9%7.2%5.5%
イギリス8.8%5.2%3.7%
フランス4.0%3.4%2.9%
カナダ4.2%3.0%2.9%
その他(先進国)19.9%14.4%12.0%
新興国11.3%11.5%10.7%

上記の表のとおり、日本株の時価総額が減少すれば比率も自動的に下がります。

オルカンと除く日本どっち?

結論から言うと、オルカンをおすすめします。

上述のとおり、オルカンは米国が中心で日本の株式は5%ほどしか組み込まれていません。

また、オルカンは時価総額加重平均(時価総額が高いほど比率が大きくなる)を用いているので、日本株の時価総額が減少したら自動的に比率が小さくなります。

そのため、今後の日本株の成長に期待していない人であっても、オルカンで十分でしょう。

ただ、「自分で日本の個別株を選びたい」、「日本株の比率をコントロールしたい」という場合は除く日本がおすすめです。

オルカンと除く日本両方はあり?

両方持つ必要はありません。

オルカンと除く日本はほとんど同じ内容なので、分散効果は乏しいです。

投資信託を保有すると手数料がかかり、無駄にコストがかさみます。

サイト管理人

どちらか片方だけで十分です。

オルカンに乗り換えるべき?

乗り換えを検討しても良い場合

乗り換えを検討しても良い場合は以下のとおり。

  • NISA口座を利用している
  • 運用歴が短い
  • 購入数量が少ない

NISA口座であれば売却益に対して課税されませんし、新NISAでは売却するとその分だけ非課税枠が復活します。

また、購入数量が少なかったり、運用歴が浅かったりすると売却益は小さいので、課税額は少なくなります。

乗り換えをおすすめしない場合

乗り換えをおすすめしない場合は以下のとおり。

  • 課税口座を利用している
  • 運用歴が長い
  • 購入数量が多い

課税口座では売却すると利益(売却価格-購入価格)に対して20%ほど課税されます。

また、運用歴が長いと複利が働いているので、他の投資信託に乗り換えると運用効率が悪くなる可能性もあります。

投資信託の買い方

投資信託の買い方は以下のとおり。

投資信託の買い方
  1. 証券口座を開設する
  2. 投資信託を積立購入する

①証券口座を開設する

投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

多くのネット証券ではNISA口座での取引手数料が無料になったので、使用するクレジットカードによって証券口座を選ぶと良いでしょう。

NISA口座(非課税口座)とは?

証券口座には課税口座(一般口座と特定口座)とNISA口座(非課税口座)があります。

課税口座で投資を行い利益を得たら20%の税金がかかりますが、NISA口座で投資を行えば税金がかかりません。

サイト管理人

クレジットカードで積立するとポイントが還元されます。

なお、マネックス証券のポイント還元率は1.1%とトップクラスの還元率を誇ります。

三井住友カードや楽天カード、au PAY カードを持っていない方は、マネックスカードを作成してマネックス証券を利用すると良いでしょう。

②投資信託を積立購入する

証券口座を開設したら投資信託を積立購入します。

つみたて投資枠、成長投資枠とは?

新NISAでは、年間投資枠120万円の「つみたて投資枠」と年間投資枠240万円の「成長投資枠」が設けられています。

つみたて投資枠ではつみたて投資のみ行えますが、成長投資枠では一括投資とつみたて投資の両方が可能です。

そのため、つみたて投資に年間最大360万円あてることもできます。

なお、新NISAにおける非課税保有限度枠は1,800万円であり、最短5年で全ての枠を埋められます。

まとめ

今回はオルカンと除く日本どっちが良いかについて解説しました。

本記事の内容
  • オルカンとは?
  • オルカン(除く日本)とは?
  • なぜ除く日本があるのか?
  • オルカンと除く日本の比較
  • 日本株を除く必要がない理由
  • オルカンと除く日本どっち?
  • オルカンと除く日本両方はあり?
  • オルカンに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方

オルカンは米国が中心で日本の株式は5%ほどしか組み込まれていません。

また、オルカンは時価総額加重平均(時価総額が高いほど比率が大きくなる)を用いているので、日本株の時価総額が減少したら自動的に比率が小さくなります。

そのため、今後の日本株の成長に期待していない人であっても、オルカンで十分でしょう。

ただ、「自分で日本の個別株を選びたい」、「日本株の比率をコントロールしたい」という場合は除く日本がおすすめです。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次