【徹底比較】SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim 米国株式どっちを買うべき?

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim 米国株式の違いは?どっちに投資すべき?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • S&P500とは?
  • SBI・V・S&P500インデックスファンドとは?
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは?
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimの比較
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimどっち?
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim両方はあり?
  • eMAXIS Slimに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方
  • S&P500に関するQ&A

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はどちらもS&P500に連動する投資信託です。

目標とする指数は同じですが、運用方法や純資産額、手数料、利回りなどが異なります。

また、特にこだわりがなければeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がおすすめです。

本記事では運用方法や純資産額、手数料、利回りなどを比較するので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

目次

S&P500とは?

S&P500は、ニューヨーク証券取引所やナスダックなどに上場している主要500銘柄の時価総額を加重平均し、指数化したものです。

簡単に言うと、米国の証券取引所に上場している時価総額の高い企業を500社集めたものですね。

S&P500にはGAFAやマイクロソフトなど米国を代表する企業が名を連ねているので、S&P500に連動する投資信託を購入することで米国企業上位500社に投資するのと同じ効果が得られます。

S&P500は株価指数を意味し、それに連動する投資信託として「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」、「楽天S&P500インデックスファンド」などがあります。

SBI・V・S&P500インデックスファンドとは?

SBI・V・S&P500インデックスファンドはSBIアセットマネジメントが運用する投資信託です。

目標とする指数は「S&P500」ですが、実質的な投資対象は同じくS&P500を目標とする「VOO(バンガード・S&P500 ETF)」です。

サイト管理人

SBI・V・S&P500→VOO→米国の株式という順に資金が流れます。

両者の違いは以下のとおり。

スクロールできます
SBI・V・S&P500VOO
商品投資信託ETF(上場投資信託)
取引単位100円以上1円単位1口単位(=約35,000円)
取引価格毎営業日1回算出される
基準価額で取引
株式のように取引時間中変動する
市場価格で取引
取引通貨米ドル
運用手数料0.1038%0.03%
つみたて投資枠×

一見するとVOOに直接投資した方が良さそうですが、取引単位が大きいことに加え、つみたて投資枠の対象外です。

新NISAでS&P500に投資したい場合はSBI・V・S&P500、課税口座でS&P500に投資したい場合はVOOが向いています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は三菱UFJアセットマネジメントが運用する投資信託です。

純資産額は国内の投資信託約6,000本の中でトップの3兆9000億円を誇ります。

また、2018年から最安水準の手数料を維持し続けており、運用実績も豊富です。

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimの比較

運用方法

SBI・V・S&P500の場合、バンガード・S&P500 ETFを経由して間接的に米国の株式に投資します。

SBI証券

一方、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の場合、米国の株式に直接投資します。

三菱UFJアセットマネジメント

SBI・V・S&P500はETFから間接的に米国の株式に投資するのに対し、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は直接米国の株式に投資する点が異なります。

組入銘柄

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の組入上位10銘柄の比較は以下のとおり。

スクロールできます
SBI・V・S&P500eMAXIS Slim
銘柄比率銘柄比率
アイクロソフト7.19%マイクロソフト6.9%
アップル6.18%アップル6.1%
エヌビディア4.57%エヌビディア4.4%
アマゾン3.76%アマゾン3.6%
アルファベット3.55%メタ・プラットフォームズ2.5%
メタ・プラットフォームズ2.55%アルファベット A2.1%
バークシャー・ハサウェイ1.74%バークシャー・ハサウェイ1.7%
イーライリリー1.41%イーライリリー1.4%
ブロードコム1.34%ブロードコム1.3%
テスラ1.31%アルファベット C1.3%

若干異なりますが、どちらもほぼ同じです。

純資産額

純資産総額は組み入れられている株式や債券など資産の時価総額のことで、投資信託の規模を表します。

純資産総額が多いほど多くの人から投資されていることを意味します。

SBI・V・S&P500eMAXIS Slim
1兆5300億円4兆2000億円

純資産額はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の方が大きいです。

手数料

スクロールできます
SBI・V・S&P500eMAXIS Slim
購入時手数料無料無料
信託財産留保額無料無料
信託報酬0.0638%0.0932%
その他0.04%0.01%
実質コスト0.1038%0.11%

手数料はSBI・V・S&P500インデックスファンドの方が低いです。

利回り

スクロールできます
SBI・V・S&P500eMAXIS Slim
2019年10.8%30.5%
2020年10.2%10.3%
2021年44.2%44.5%
2022年-6.1%-6.1%
2023年27.0%23.3%
平均17.22%20.5%

平均利回りはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の方が高いです。

新NISAの対象

スクロールできます
つみたて投資枠成長投資枠
SBI・V・S&P500
eMAXIS Slim
つみたて投資枠、成長投資枠とは?

新NISAでは、年間投資枠120万円の「つみたて投資枠」と年間投資枠240万円の「成長投資枠」が設けられています。

つみたて投資枠ではつみたて投資のみ行えますが、成長投資枠では一括投資とつみたて投資の両方が可能です。

そのため、つみたて投資に年間最大360万円あてることもできます。

なお、新NISAにおける非課税保有限度枠は1,800万円であり、最短5年で全ての枠を埋められます。

どちらもつみたて投資枠と成長投資枠の対象です。

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimどっち?

特にこだわりがなければeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がおすすめです。

投資信託は約6,000本ありますが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産額はトップを誇ります。

また、運用期間はどちらもほぼ同じですが、利回りもeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の方が優れています。

ただ、手数料を少しでも抑えたいならSBI・V・S&P500を選ぶと良いでしょう。

SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim両方はあり?

両方買う必要はありません。

どちらも目標とする指数は同じS&P500なので、分散効果はありません。

投資信託を保有すると手数料がかかるので、負担する手数料も大きくなります。

両方買う必要はなく、どちらか片方がだけで十分です。

eMAXIS Slimに乗り換えるべき?

乗り換えを検討しても良い場合

乗り換えを検討しても良い場合は以下のとおり。

  • NISA口座を利用している
  • 運用歴が短い
  • 購入数量が少ない

NISA口座であれば売却益に対して課税されませんし、新NISAでは売却するとその分だけ非課税枠が復活します。

また、購入数量が少なかったり、運用歴が浅かったりすると売却益は小さいので、課税額は少なくなります。

乗り換えをおすすめしない場合

乗り換えをおすすめしない場合は以下のとおり。

  • 課税口座を利用している
  • 運用歴が長い
  • 購入数量が多い

課税口座では売却すると利益(売却価格-購入価格)に対して20%ほど課税されます。

また、運用歴が長いと複利が働いているので、他の投資信託に乗り換えると運用効率が悪くなる可能性もあります。

投資信託の買い方

投資信託の買い方は以下のとおり。

投資信託の買い方
  1. 証券口座を開設する
  2. 投資信託を積立購入する

①証券口座を開設する

投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

多くのネット証券ではNISA口座での取引手数料が無料になったので、使用するクレジットカードによって証券口座を選ぶと良いでしょう。

NISA口座(非課税口座)とは?

証券口座には課税口座(一般口座と特定口座)とNISA口座(非課税口座)があります。

課税口座で投資を行い利益を得たら20%の税金がかかりますが、NISA口座で投資を行えば税金がかかりません。

サイト管理人

クレジットカードで積立するとポイントが還元されます。

なお、マネックス証券のポイント還元率は1.1%とトップクラスの還元率を誇ります。

三井住友カードや楽天カード、au PAY カードを持っていない方は、マネックスカードを作成してマネックス証券を利用すると良いでしょう。

②投資信託を積立購入する

証券口座を開設したら投資信託を積立購入します。

つみたて投資枠、成長投資枠とは?

新NISAでは、年間投資枠120万円の「つみたて投資枠」と年間投資枠240万円の「成長投資枠」が設けられています。

つみたて投資枠ではつみたて投資のみ行えますが、成長投資枠では一括投資とつみたて投資の両方が可能です。

そのため、つみたて投資に年間最大360万円あてることもできます。

なお、新NISAにおける非課税保有限度枠は1,800万円であり、最短5年で全ての枠を埋められます。

S&P500に関するQ&A

S&P500と全米株式どっちに投資すべき?

S&P500に投資すべきです。

S&P500と全米株式の違いは銘柄数で、S&P500の銘柄数は500であるのに対し、全米株式は約4,000です。

ただ、利回りはどちらも大差ないことに加え、S&P500の方が手数料がやや低いです。

詳しくは「【徹底比較】S&P500と全米株式どっちを持つべき?両方はあり?」をご覧ください。

楽天S&P500とeMAXIS Slimどっち?

特にこだわりがなければeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がおすすめです。

ただ、楽天証券を利用していて楽天S&P500に投資すると、保有高に応じて年率0.028%のポイントが還元されます。

楽天証券を利用しているなら楽天S&P500への投資を検討しても良いでしょう。

詳しくは「楽天S&P500とeMAXIS Slim 米国株式どっちを買うべき?」をご覧ください。

S&P500だけでいい?

S&P500は長期間ハイパフォーマンスを維持していますが、S&P500だけに投資するのはおすすめしません。

【S&P500だけに投資するリスク】

  • 米国経済の衰退
  • 為替による変動
  • 新興国の成長に対応できない

詳しくは「S&P500だけでいい?全突っ込みするリスクと対策について解説」をご覧ください。

まとめ

今回はSBI・V・S&P500とeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)どっちを買うべきかについて解説しました。

本記事の内容
  • S&P500とは?
  • SBI・V・S&P500インデックスファンドとは?
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは?
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimの比較
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slimどっち?
  • SBI・V・S&P500とeMAXIS Slim両方はあり?
  • eMAXIS Slimに乗り換えるべき?
  • 投資信託の買い方
  • S&P500に関するQ&A

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産額はトップを誇り、利回りも優れています。

特にこだわりがなければeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がおすすめです。

ただ、手数料を少しでも抑えたいならSBI・V・S&P500を選ぶと良いでしょう。

なお、投資信託を購入するには証券口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

【おすすめのネット証券】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次