ビットコインの売り買いを繰り返すメリット・デメリットについて解説

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ビットコインは繰り返し売り買いをすれば儲けられる?
・ビットコインの売り買いを繰り返すメリット、デメリットについて教えてほしい

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ビットコインの売り買い繰り返しに該当する手法
  • ビットコインの売り買いを繰り返すメリット
  • ビットコインの売り買いを繰り返すデメリット
  • ビットコインの売り買いを繰り返すべきではない
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

「ビットコインは繰り返し売り買いをすれば儲けられる?」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、繰り返し売り買いをすれば儲けられる可能性はありますが、おすすめしません。

この記事ではビットコインの売り買いを繰り返すメリット・デメリット、売り買いを繰り返すべきではない理由について解説します。

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

ビットコインの売り買い繰り返しに該当する手法

ビットコインの売り買い繰り返しに該当する手法は以下の3つ。

ビットコインの売り買い繰り返しに該当する手法
  1. スキャンピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード

①スキャンピング

スキャンピング(超短期取引)とは、1回の取引を数秒〜数分の間に完結させる取引手法です。

取引期間が短いので得られる利益は減ってしまいますが、リスクを抑えることができます。

サイト管理人

ただし、取引回数が多くなるため手数料負けする可能性があります。

②デイトレード

デイトレードとは、数時間〜1日の値動きの中で売買をする取引の手法です。

1日の値動きの中で取引を繰り返すことで、利益を重ねていきます。

また、ビットコインは値動きが激しく、数時間で価格が10%以上変わることがあります。

③スイングトレード

スイングトレードとは、数日〜数週間で取引を完結させる取引手法です。

数日から数週間かけて売買のタイミングを見極めるため、価格変動が大きいビットコインでは一度の取引で大きな利益を狙えます。

ただ、支払う手数料が増える、損切りが難しいなどのデメリットがあります。

ビットコインの売り買いを繰り返すメリット

ビットコインの売り買いを繰り返すメリットは以下の3つ。

ビットコインの売り買いを繰り返すメリット
  1. 短期間で利益を得られる可能性がある
  2. 大きな変動がなくても利益が出る
  3. 効率的に資金運用できる

短期間で利益を得られる可能性がある

長期投資の場合は数年以上のスパンで保有する必要があります。

しかし、短期トレードであれば長くても数週間ほど保有するだけなので、短期的な価格変動で利益を狙える可能性があります。

②大きな変動がなくても利益が出る

価格に大きな変動がないとしても、短期間の値動きは必ずあるものです。

そのため、小さな利益を積み重ねることで着実にプラスにできる可能性があります。

サイト管理人

停滞気味の市場でも利益を発生させられるのが短期トレードの強みと言えるでしょう。

③効率的に資金運用できる

短期トレードは1回の利幅が小さいものの、得た利益を次の取引の資金に加えることで効率良く資金を回せます。

また、経験値を積み重ねていければ勝率を上げていくことも不可能ではありません。

ビットコインの売り買いを繰り返すデメリット

ビットコインの売り買いを繰り返すデメリットは以下の3つ。

ビットコインの売り買いを繰り返すデメリット
  1. 売買タイミングの見極めが難しい
  2. 取引の度に手数料がかかる
  3. 副業では難しい

①売買タイミングの見極めが難しい

短期トレードでは売買のタイミングが非常に重要です。

サイト管理人

また、チャートやニュースを分析するスキルや素早い判断力などが求められます。

そのため、初心者のうちは正確な分析や判断を行うのが非常に難しいでしょう。

②取引の度に手数料がかかる

暗号資産の手数料は取引する度にかかります。

頻繁に売り買いを繰り返すと手数料が膨らんでしまう傾向にあります。

③副業では難しい

短期トレードは売買のタイミングを見計らって取引するスタイルなので、常にチャートの動きに目を光らせておく必要があります。

自動注文もできますが、機動的に動けるという点で専業トレーダーの方が有利になるといえるでしょう。

ビットコインの売り買いを繰り返すべきではない

ビットコインは短期トレードではなく、長期投資することをおすすめします。

ビットコインの長期投資をおすすめする理由は以下のとおり。

ビットコインの長期投資をおすすめする理由
  1. トレードする必要がない
  2. 日々の値動きを気にしなくて済む
  3. 長期的に見ると価格上昇が期待できる
  4. 少ない資産で大きなリターンを狙える

①トレードする必要がない

ほったらかしにする場合、トレードする必要がありません。

取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、数ヶ月〜数年ほどおいておくだけ。

トレードと比べて非常に簡単で、時間も節約できます。

また、何度も取引をしなくて良いので、手数料も大幅に削減することが可能。

②日々の値動きを気にしなくて済む

仮想通貨はボラティリティが非常に大きい資産として有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

そのため、日々の値動きを気にしていると時間や労力、メンタルを無駄に消耗します。

しかし、ほったらかしておけば日々の値動きを気にする必要がありません。

③長期的に見ると価格上昇が期待できる

暗号資産は非常に値動きが大きく、頻繁に暴落します。

しかし、一時的な価格変動を繰り返しながら、長期的に見ると価格が上昇する傾向にあります。

CoinMarketCap

上記は最も時価総額が高いビットコインのチャートです。

価格の急騰と急落を繰り返しつつ、年単位で見ると上昇傾向となっていることが分かります。

そのため、長期間ほったらかしておけば、トレードなどをしなくても自然と利益を狙えるわけです。

④少ない資産で大きなリターンを狙える

暗号資産は値動きが大きいので損する可能性はそれなりにあります。

ですが、その分少ない資産で大きなリターンを狙えるというメリットがあります。

サイト管理人

投資と聞くと多額の資金が必要そうに感じますが、暗号資産の場合は数千円〜数万円で十分です。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法は以下のとおり。

ビットコインの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. ビットコインを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1のコインチェックです。

②ビットコインを購入する

口座を開設したらビットコインを購入しましょう。

ビットコインの運用方法

ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、積極的に活用しましょう。

おすすめはレンディングサービスのBitLendingです。

レンディング:保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利益を得る方法のこと

BitLendingでは所持しているビットコインを一定期間貸し出すことで国内最高年率となる8%の利子を得られます。

貸し出しは無料で行えます(最低貸出数量:0.01BTC)。始め方については以下の記事をご覧ください。

サイト管理人

筆者もBitLendingで貸出を行っています。

ビットコインの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

ビットコインで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

ビットコインはいつまで持つべき?

ビットコインは2030年まで所持しておくことをオススメします。

詳しくは「ビットコインのガチホはいつまで?」をご覧ください。

ビットコインはいくら買えばいい?

ビットコインは価格変動が大きいですが、少額でも利益が出やすいです。

そのため、数千円〜数万円ほどのビットコインで十分と言えるでしょう。

詳しくは「ビットコインは少額で儲からない?儲かるコツや投資方法について解説」をご覧ください。

ビットコインを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はビットコインを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はビットコインの売り買いを繰り返すメリット、デメリットについて解説しました。

本記事の内容
  • ビットコインの売り買い繰り返しに該当する手法
  • ビットコインの売り買いを繰り返すメリット
  • ビットコインの売り買いを繰り返すデメリット
  • ビットコインの売り買いを繰り返すべきではない
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

ビットコインの売り買いを繰り返す方法で儲けを出すことは可能です。

ただ、リスクが高いうえに手間もかかるので、基本的には長期保有をおすすめします。

なお、ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次