ビットコインのガチホはいつまで?【結論:2025年まで】

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・ガチホとは?
・ビットコインをいつまでガチホすべき?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ガチホとは?
  • 2025年までガチホすべき
  • 2025年はどうすればいい?
  • ビットコインをガチホするメリット
  • ビットコインをガチホするデメリット
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインのガチホに関するQ&A
  • ビットコインをガチホする際の注意点

「ビットコインはいつまでガチホすればいいの?」と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、ビットコインは2025年までガチホすることをおすすめします。

本記事ではビットコインを2025年までガチホすべき理由ついて解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、レンディングを行い利子を得ると良いでしょう。

おすすめは国内最高水準の年利8%であるBitLendingです。

\国内最高水準の年利8%/

目次

ガチホとは?

ガチホとは、「ガチでホールドする」の略であり、仮想通貨を長期保有すること。

仮想通貨だけでなく、株やFXなど投資全般で使用される用語であり、投資においてガチホは最強といわれています。

なぜなら、一時的に価格は変動するが、長期的に見ると価格上昇が期待できるからです。

CoinMarketCap

上記の図はビットコインの価格チャートです。

価格の急騰と急落を繰り返しつつ、年単位で見ると上昇傾向となっていることが分かります。

また、ガチホすることで課税の回数を大幅に減らすことができ、チャートに張り付いて値動きを追う必要もありません。

そのため、初心者から投資家まで幅広い層で用いられる王道の投資手法となっています。

2025年まではガチホすべき

ビットコインには半減期というものがあります。

半減期:新規発行されるビットコインが半分になることであり、4年に一度訪れる

半減期が訪れることのメリットは、ビットコインの価格が上昇しやすいことです。

仮想通貨の価格は日本円と同じように需要と供給のバランスによって決まります。

半減期が訪れるとビットコインの供給量が減少するため、価格が上昇しやすくなるというわけです。

CoinMarketCap

上記の画像のとおり、2016年と2020年に半減期が訪れた翌年にビットコインの価格が上昇しました。

  • 2017年12月 1BTC=約200万円
  • 2021年11月 1BTC=約750万円

最近では2024年4月に半減期が訪れ、過去の傾向を踏まえると2025年に大きな価格上昇が期待できそうです。

2025年はどうすればいい?

2025年における選択肢は以下の3つ。

2025年における選択肢
  1. 全て売却
  2. 半分ガチホ・半分売却
  3. 全てガチホ

①全て売却

1つ目の選択肢は、持っているビットコインを全て売却する方法です。

ビットコインは今後も上昇するという予測が多いので、全て売却してしまうのはおすすめしませんが、一応選択肢として考えられます。

②半分ガチホ・半分売却

2つ目の選択肢は、半分ガチホ・半分売却する方法です。

この方法は「少額でも良いから利益を確定させたい」という方におすすめです。

なお、仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかるので、(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)注意してください。

また、売却する際は一気に売るのではなく、少しずつ売却していくと良いでしょう。

サイト管理人

徐々に売却していくことで心理的負担を減らせます。

③全てガチホ

3つ目の選択肢は、持っているビットコインを全てガチホする方法です。

ビットコインの価格は2030年までに1億円以上になるという予測もあり、それまでガチホするのも良いでしょう。

さらに、2030年までに仮想通貨の税制が改正される可能性もあります。

ビットコインをガチホするメリット

ビットコインをガチホするメリットは以下の3つ。

ビットコインをガチホするメリット
  1. 運用が楽
  2. 専門的な知識が不要
  3. 手数料を抑えられる

①運用が楽

ガチホする場合、短期的なトレードをする必要がありません。

取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、数ヶ月〜数年ほどおいておくだけ。

サイト管理人

トレードと比べて非常に簡単で、時間も節約できます

②専門的な知識が不要

短期的なトレードで利益を上げるなら専門的な知識が必要になります。

例えば、チャートの分析方法などですね。

ですが、ガチホする場合はビットコインを保有するだけなので、特別な知識は不要です。

③手数料を抑えられる

短期取引を繰り返すと、その度に手数料がかかります。

サイト管理人

一回の手数料が安くても回数を重ねるとかさみます。

ガチホすれば取引回数が大幅に減るので、手数料を抑えることが可能です。

ビットコインをガチホするデメリット

ビットコインをガチホするデメリットは以下の3つ。

ビットコインをガチホするデメリット
  1. 利益が出るまでに時間がかかる
  2. 価格が下がる可能性がある
  3. 取引所などが廃業するリスクがある

①利益が出るまでに時間がかかる

ガチホ場合は利益が出るまでに時間がかかります。

サイト管理人

短期で利益を出そうとすると、かえって大きな損失を出してしまう可能性が高いです。

少なくとも1年以上経たないと、あまり利益は期待できないといえるでしょう。

②価格が下がる可能性がある

長期的に見るとビットコインの価格は上昇する傾向にあります。

しかし、必ず上昇するわけではなく、購入した時より価格が下がってしまう可能性もあります。

サイト管理人

損切りのタイミングが重要です。

③取引所などが廃業するリスクがある

基本的にガチホする際は、仮想通貨取引所やレンディングサービスに預けます。

ただ、仮想通貨取引所やレンディングサービスは廃業するリスクがあります。

【廃業した主な取引所・サービス】

  • FTX Japan:親会社が2022年11月に経営破綻し、事実上の廃業
  • Kraken Japan:2023年1月31日で廃業
  • Coinbase:日本での事業の大半を将来的に廃止
サイト管理人

ガチホしていると廃業に気づかないことが多いため、定期的に確認しましょう。

ビットコインの運用方法

ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、積極的に活用しましょう。

おすすめはレンディングサービスのBitLendingです。

レンディング:保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利益を得る方法のこと

BitLendingでは所持しているビットコインを一定期間貸し出すことで国内最高年率となる8%の利子を得られます。

貸し出しは無料で行えます(最低貸出数量:0.01BTC)。始め方については以下の記事をご覧ください。

サイト管理人

筆者もBitLendingで貸出を行っています。

ビットコインのガチホに関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

ビットコインで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

ビットコインはいくら買えばいい?

ビットコインは価格変動が大きいですが、少額でも利益が出やすいです。

そのため、数千円〜数万円ほどのビットコインで十分と言えるでしょう。

詳しくは「ビットコインは少額で儲からない?儲かる理由やコツについて解説」をご覧ください。

ビットコインを買うタイミングは?

ビットコインを買うタイミングは以下の3つ。

  • 長期投資であれば今すぐ
  • ビットコインの半減期付近
  • ビットコインの暴落時

詳しくは「ビットコインを買うタイミングは?買い時や売り時について解説」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ上がる?

ビットコインの価格が上がる主な要因は以下の7つ。

  • ビットコインの利用が普及する
  • 半減期による供給量の減少
  • 有事の際に避難通貨として買われる
  • 法定通貨として利用される
  • 大型アップデートの実施
  • ビットコインETFの承認
  • USDT(テザー)の発行

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が上がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ下がる?

ビットコインの価格が下がる主な要因は以下の5つ。

  • 大国の規制強化
  • 他の暗号資産の影響を受ける
  • 仮想通貨取引所の破綻
  • 株式市場・為替市場との連動
  • USDT(テザー)の発行停止

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が下がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインをガチホする際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はビットコインを購入できません。

必ず儲かるわけではない

ビットコインは年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期運用しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入すること

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと。

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はビットコインをいつまでガチホすべきかについて解説しました。

本記事の内容
  • ガチホとは?
  • 2025年までガチホすべき
  • 2025年はどうすればいい?
  • ビットコインをガチホするメリット
  • ビットコインをガチホするデメリット
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインのガチホに関するQ&A
  • ビットコインをガチホする際の注意点

ビットコインの半減期の翌年後には価格が上昇する傾向があり、2024年4月に訪れました。

そのため、2025年までガチホしておくことをおすすめします。

なお、ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、レンディングを行い利子を得ると良いでしょう。

おすすめは国内最高水準の年利8%であるBitLendingです。

\国内最高水準の年利8%/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次