リップルのガチホはいつまで?【結論:2025年まで】

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・リップルの将来性は?
・リップルはいつまでガチホすべき?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ガチホとは?
  • 結論:リップルは2025年までガチホすべき
  • 2025年はどうすればいい?
  • リップルの購入方法
  • リップルの購入・運用に関するQ&A
  • リップルを購入・運用する際の注意点

なお、リップルを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

\仮想通貨取引量国内No.1/

目次

ガチホとは?

ガチホとは、「ガチでホールドする」の略であり、仮想通貨を長期保有すること。

仮想通貨だけでなく、株やFXなど投資全般で使用される用語であり、投資においてガチホは最強といわれています。

なぜなら、一時的に価格は変動するが、長期的に見ると価格上昇が期待できるからです。

CoinMarketCap

上記のチャートはリップルのチャートです。

価格の急騰と急落を繰り返しつつ、年単位で見ると上昇傾向となっていることが分かります。

また、ガチホすることで課税のタイミングを大幅に減らすことができ、チャートに張り付いて値動きを追う必要もありません。

そのため、初心者から投資家まで幅広い層で用いられる王道の投資手法となっています。

結論:リップルは2025年までガチホすべき

2025年までガチホすべき理由は以下の5つ。

2025年までガチホすべき理由
  1. SECとの裁判
  2. 税率が下がる可能性がある
  3. 1年間上昇→3年間下落のサイクル
  4. ビットコインの価格と連動する
  5. 金融緩和への転換

①SECとの裁判

現在リップル社はSEC(米国証券取引委員会)より「リップルは証券に該当し、リップル社は無登録の証券を販売して不当に利益を得ている」との理由で訴訟を受けています。

2023年7月に「リップル自体は有価証券ではない」という判決を米地裁は下し、リップル側の一部勝訴となりました。

また、SECは控訴しましたが、控訴は認められませんでした。

サイト管理人

なお、SECとリップルの訴訟はまだ終結しておらず、終結するのは2024年〜2025年ごろでしょう。

②税率が下がる可能性がある

特に重要なのが税制であり、現在の法律では仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象となります

また、総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%です。

一方、同じ雑所得でもほかの所得と分離する申告分離課税の場合、税率は所得の額に関わらず、一律20%となっています。

参考:cryptact

サイト管理人

株やFXはすでに申告分離課税が適用されていますね。

日本での仮想通貨の普及において税制がネックとなっており、今後の国会で税制改正が検討されているそうです。

今後数年で仮想通貨の税制が大きく改正される可能性があるため、それまではガチホしておくと良いでしょう。

1年間上昇→3年間下落のサイクル

CoinMarketCap

上記のチャートはリップルのチャートです。

チャートからリップルの価格は1年間上昇→3年間下落というサイクルがありそうだと推測できます。

  • 2017年→2018年 【上昇】
  • 2018年→2021年 【下落】
  • 2021年→2022年 【上昇】

このサイクルに従うと、2025年頃には再びリップルの価格上昇が期待できそうです。

④ビットコインの価格と連動する

リップルはビットコインの価格に連動する傾向にあります。

  • 2017年→2018年【共に上昇】
  • 2018年→2021年【共に下落】
  • 2021年→2022年【共に上昇】

加えて、ビットコインは半減期の翌年に価格が上昇しやすく、2024年4月に半減期が訪れました。

半減期:新規発行されるビットコインが半分になることであり、4年に一度訪れる

ビットコインの価格が2025年に上昇する可能性があり、リップルもそれに連動する可能性があります。

⑤金融緩和への転換

一般的に、金利が上昇するとリスク資産が売られ、安全資産(ドルや米国債など)が買われる傾向にあります。

なぜなら、値動きの激しい暗号資産よりも比較的安全な金融商品を選んだ方が割に合うからですね。

世界各国がインフレを抑制するために金融引き締め(利上げ)を行なっていますが、2024年から金融緩和(利下げ)に転換する可能性があります。

参考:2024年は利下げの年、FRBがけん引役-日銀はついに引き締めか

金利が下がれば、リップルなどのリスク資産の需要が増える可能性があるでしょう。

2025年はどうすればいい?

2025年における選択肢は以下の3つ。

2025年における選択肢
  1. 全て売却
  2. 半分ガチホ・半分売却
  3. 全てガチホ

①全て売却

1つ目の選択肢は、持っているリップルを全て売却する方法です。

リップルは今後も上昇するという予測が多いので、全て売却してしまうのはおすすめしませんが、一応選択肢として考えられます。

②半分ガチホ・半分売却

2つ目の選択肢は、半分ガチホ・半分売却する方法です。

この方法は「少額でも良いから利益を確定させたい」という方におすすめです。

なお、仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかるので、(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)注意してください。

また、売却する際は一気に売るのではなく、少しずつ売却していくと良いでしょう。

>> 【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説

③全てガチホ

3つ目の選択肢は、持っているリップルを全てガチホする方法です。

リップルの価格は数百円〜数千円以上になるという予測もあり、それまでガチホするのも良いでしょう。

さらに、2030年までに仮想通貨の税制が改正される可能性もあります。

>> リップルは10年後に1万円になる?AIと専門家の価格予想について解説

リップルの購入方法

リップルの購入方法は以下のとおり。

リップルの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設
  2. リップルを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設

暗号資産を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ取引所の口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

②リップルを購入する

仮想通貨取引所の口座を開設したらリップルを購入します。

リップルの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

リップルで利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

リップルを買うタイミングは?

リップルを買うタイミングについては「リップルを買うタイミングは?買い時や将来性について解説」をご覧ください。

リップルはオワコンなの?

リップルがオワコンと言われる理由は以下の4つ。

  • 仮想通貨そのものが怪しい
  • ハッキングや詐欺が横行している
  • 何度も暴落している
  • 国によって価値が保証されていない

詳しくは「リップルはオワコンなの?理由や将来性について解説」をご覧ください。

リップルの価格が上がる理由は?

リップルの価格が上がる理由は主に以下の3つ。

【リップルの価格が上がる理由】

  • 大手金融機関との提携
  • 暗号資産市場の動向
  • リップル社の動向

詳しくは「【初心者向け】リップルの価格が上がる理由について解説」をご覧ください。

リップルの価格が下がる理由は?

リップルの価格が下がる理由は以下の2つ。

【リップルの価格が下がる理由】

  • 暗号資産市場の動向
  • リップル社の動向

詳しくは「【初心者向け】リップルの価格が下がる理由について解説」をご覧ください。

リップルを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はリップルを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回はリップルはいつまでガチホすべきかについて解説しました。

本記事の内容
  • ガチホとは?
  • 結論:リップルは2025年までガチホすべき
  • 2025年はどうすればいい?
  • リップルの購入方法
  • リップルの購入・運用に関するQ&A
  • リップルを購入・運用する際の注意点

なお、リップルを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは仮想通貨取引量国内No.1のbitbankです。

\仮想通貨取引量国内No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次