株と仮想通貨どっちが儲かる?【結論:仮想通貨の方が儲かりやすい】

当ページはプロモーションが含まれています
悩んでいる人

・株と仮想通貨どっちが儲かるの?
・自分にはどっちの投資が向いてる?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • どっちが儲かる?【結論:仮想通貨】
  • 仮想通貨が向いてる人
  • 株式投資が向いてる人
  • 仮想通貨と株式投資の異なる点
  • 仮想通貨で儲けるコツ
  • おすすめの仮想通貨
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

「株と仮想通貨どっちが儲かるの?」と悩んでいませんか?

結論から言うと、仮想通貨の方が儲かりやすいです。

本記事では株より仮想通貨の方が儲かりやすい理由について解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座を解説する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

目次

どっちが儲かる?【結論:仮想通貨】

結論から言うと、仮想通貨の方が儲かりやすいです。

過去10年間の投資リターンを比較すると、ゴールド・株式よりもビットコインの方が高くなっています。

過去10年間はビットコインの黎明期であり、同じような価格上昇率を今後も維持できる可能性は低いですが、収益性に関しては仮想通貨の方が高いと言えるでしょう。

仮想通貨が向いてる人

仮想通貨が向いてる人は以下のとおり。

仮想通貨が向いてる人
  1. 短期間で儲けたい
  2. 長期間で儲けたい
  3. 少額から投資したい

①短期間で儲けたい

仮想通貨の価格は短期間で大きく変動します。

特に価格の高いビットコインの場合、数時間で10万円以上変動することもあります。

「短期間で儲けたい」という人にとって仮想通貨は適していると言えるでしょう。

②長期間で儲けたい

仮想通貨は長期の投資にも適しています。

上述のとおり、ビットコインの過去10年間の投資リターンは非常に高いことが分かります。

「長期間で儲けたい」という人にとっても仮想通貨は適していると言えるでしょう。

③少額から投資したい

価格変動の大きい仮想通貨はハイリスク・ハイリターンな投資です。

ただ、その分少額でも利益が出やすいというメリットもあります。

また、株式投資を始めるには最低でも10万円は必要になる場合もあるが、仮想通貨であれば500円ほどから購入可能。

株式投資が向いてる人

株式投資が向いてる人は以下のとおり。

株式投資が向いてる人
  1. リスクを抑えたい
  2. 余剰資金がある

①リスクを抑えたい

仮想通貨の歴史は約15年ほどですが、株式の歴史は400年以上と非常に長いです。

また、法整備も整っており、仮想通貨よりリスクが低いです。

「リスクを抑えたい」という人にとって株式投資は適していると言えるでしょう。

②余剰資金がある

株価が安い銘柄であれば1万円未満で購入できますが、一般的に10万円以上必要です。

まとまった余剰資金があるなら株式投資が向いているでしょう。

仮想通貨と株式投資の異なる点

仮想通貨と株式投資の異なる点は以下の6つ。

仮想通貨と株式投資の異なる点
  1. 取引可能時間
  2. 価格変動の度合い
  3. 税制
  4. 最低投資額
  5. 配当金の有無
  6. 投資指標がない

①取引可能時間

株を取引できる証券取引所は取引可能時間が定められています。

【東京証券取引所の場合】

  • 前場:9:00〜11:30
  • 後場:12:30〜15:00

一方、仮想通貨は24時間365日取引できます。

サイト管理人

ただ、取引所がメンテナンス中であれば取引できません。

②価格変動の度合い

株ではストップ高とストップ安という仕組みがあります。

ストップ高・ストップ安とは?

ストップ高:株価が急騰し、ある一定の上限に到達すると市場取引が一時停止され、その銘柄の株式の取引が停止される。

ストップ安:株価が急落し、ある一定の下限に到達しすると市場取引が一時停止され、その銘柄の株式の取引が停止される。

ストップ高が発生するとその銘柄に対して新たな買い注文を出せず、ストップ安が発生するとその銘柄に対して新たな売り注文を出せない。

株の場合はこの仕組みにより、極端な価格変動が投資家や市場全体に与える影響が軽減されます。

ですが、仮想通貨の価格は需要と供給のみで価格が決まるため、短時間で大きく価格が変動することも珍しくありません。

③税制

株式投資で発生した利益(譲渡益・配当金)に関しては申告分離課税が適用され、税率は一律20%となっています。

仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、最大55%(所得税5%~45%+住民税10%)の税金が課せられます。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
国税庁「No.2260 所得税の税率
サイト管理人

仮想通貨の税制は今後改善される可能性があるため、それまで保有しておけば良いでしょう。

④最低投資額

株式投資よりも仮想通貨の方が最低投資額は小さいです。

株価が安い銘柄であれば1万円未満で購入できますが、一般的に10万円以上必要です。

一方で仮想通貨の場合は、500円程度から購入可能。

サイト管理人

少額から投資をしたい人には仮想通貨が向いているでしょう。

⑤配当金の有無

株式を保有していると配当金(インカムゲイン)が配られます。

仮想通貨の場合、基本的に保有していても配当金が得られせん。

サイト管理人

ただ、仮想通貨をステーキングまたはレンディングしていれば配当金を得られます。

ステーキング:特定の暗号資産を保有するだけで利回りが得られる仕組みのこと

レンディング:保有している暗号資産を貸し出して利息を得る運用手法のこと

⑥投資指標がない

株式の場合にはPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)といった株価水準の尺度があります。

こうした数字が大きければ買われすぎ、小さければ売られすぎといった判断ができます。

しかし、仮想通貨にはこのような投資指標がありません。

仮想通貨で儲けるコツ

仮想通貨で儲けるコツは以下の3つ。

仮想通貨で儲けるコツ
  1. 長期保有する
  2. 短期的な売り買いをしない
  3. レンディングをする

①長期保有する

上述のとおり、ビットコインの価格は短期的に見ると大きく変動しています。

そのため、短期で利益を出そうとすると、かえって大きな損失を出してしまう可能性が高いです。

最低でも1年以上保有することで、短期的な価格変動の影響を受けにくくなります。

②短期的な売り買いをしない

少額でもデイトレードのように短期的な売り買いを繰り返すことで、効率よく資金を回せます。

サイト管理人

ただ、短期的な売り買いを繰り返すと手数料が多くかかりますし、常にチャートを見る必要があります。

非常に消耗するので、短期的な売り買いはしない方が良いでしょう。

③レンディングをする

レンディングとは、保有している暗号資産を取引所やレンディングサービスに貸し出して利息を得る運用手法のことです。

サイト管理人

わかりやすく言うと銀行の定期預金のようなものですね。

レンディングのメリットは預けるだけで高年利を実現できることで、事業者・取引所におけるレンディングの利率は銀行よりも高くなっています。

事業者・取引所利率
銀行0.001〜0.1%
BitLending8〜10%
bitbank0.1%〜5%
コインチェック1%〜5%
GMOコイン1%〜10%

なお、レンディングでは貸出制限が設けられており、一定の期間が過ぎるまで暗号資産を動かすことができません。

おすすめの仮想通貨

おすすめの仮想通貨はビットコインです。

ビットコインをおすすめする理由は以下の4つ。

ビットコインをおすすめする理由
  1. 時価総額・知名度ともにNo.1
  2. 1BTC=1億円以上になる可能性がある
  3. 少額でも利益が出やすい
  4. 将来的な価格上昇が期待できる

①時価総額・知名度ともにNo.1

ビットコインは1番最初に作られた暗号資産であるため、圧倒的な知名度を誇ります。

マクロミルとコインチェック、HashHubの3社が2019年に行った調査では、ビットコインの認知度は91.7%であることが分かっています。

参考:仮想通貨ビットコイン認知度は一般層で90%超。高齢者ほど知っている

また、時価総額ランキングでも常にNo.1となっており、代表的な暗号資産と言えるでしょう。

②1BTC=1億円以上になる可能性がある

多くの投資家、投資会社が2030年までに1BTC=1億円以上になると予測しています。

  • 投資会社アーク(ARK)は2030年までに約1億1000万円を超えると予測
  • 仮想通貨アナリストのPlanB氏は2030年に約1億2000万円になると予測
  • ボストンの大手投資会社フィデリティは、2025年に100万ドル(約1億4,000万円)になると発表

特にPlanB氏は2019年に「2021年に10万ドル(約1000万円)になる」と予測し、実際はそれに近い7万ドル(約700万円)になりました。

サイト管理人

可能性はそれなりにありそうですね。

とはいえ、あくまで予測ですので参考程度にとどめておきましょう。

③少額でも利益が出やすい

ビットコインは非常に価格変動が大きく、短時間で大きく価格が変わることは珍しくありません。

しかし、その代わり少額でも利益が出やすいというメリットもあります。

ただし、購入する際は余剰資金で購入するようにしましょう。

④将来的な価格上昇が期待できる

2009年当初のビットコインは約0.07円でしたが、急落と急騰を繰り返しながら数百万円まで価値が上昇しました。

最近ではビットコインを法定通貨にする国も増えており、今後も価格上昇が期待できるでしょう。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法は以下のとおり。

ビットコインの購入方法
  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. ビットコインを購入する

①仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1のコインチェックです。

②ビットコインを購入する

口座を開設したらビットコインを購入しましょう。

ビットコインの運用方法

ビットコインをただ取引所や自身のウォレットに置いておくだけでは非常にもったいないです。

せっかくビットコインを持っているのなら、積極的に活用しましょう。

おすすめはレンディングサービスのBitLendingです。

レンディング:保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利益を得る方法のこと

BitLendingでは所持しているビットコインを一定期間貸し出すことで国内最高年率となる8%の利子を得られます。

貸し出しは無料で行えます(最低貸出数量:0.01BTC)。始め方については以下の記事をご覧ください。

サイト管理人

筆者もBitLendingで貸出を行っています。

ビットコインの購入・運用に関するQ&A

利益を得たら税金はかかるの?

仮想通貨で利益を得たら税金を納める必要があります。

  • 仮想通貨の売買などで20万円以上の利益が発生すると税金がかかる(学生や主婦など、扶養されている方は48万円以上)
  • 仮想通貨で得た利益は雑所得に分類され、総合課税の対象
  • 総合課税は給与所得などほかの収入と合算した額に応じて税率が決まり、最大税率は55%

詳しくは「【初心者向け】仮想通貨の税金について分かりやすく解説」をご覧ください。

ビットコインは少額でも儲かる?

ビットコインは価格変動が大きいですが、少額でも利益が出やすいです。

そのため、数千円〜数万円ほどのビットコインで十分と言えるでしょう。

詳しくは「ビットコインは少額で儲からない?儲かるコツや投資方法について解説」をご覧ください。

ビットコインはいつまで持つべき?

ビットコインは2030年まで所持しておくことをオススメします。

詳しくは「ビットコインのガチホはいつまで?」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ上がるの?

ビットコインの価格が上がる主な要因は以下の7つ。

  • ビットコインの利用が普及する
  • 半減期による供給量の減少
  • 有事の際に避難通貨として買われる
  • 法定通貨として利用される
  • 大型アップデートの実施
  • ビットコインETFの承認
  • USDT(テザー)の発行

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が上がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインの価格はなぜ下がる?

ビットコインの価格が下がる主な要因は以下の5つ。

  • 大国の規制強化
  • 他の暗号資産の影響を受ける
  • 仮想通貨取引所の破綻
  • 株式市場・為替市場との連動
  • USDT(テザー)の発行停止

詳しくは「【初心者向け】ビットコインの価格が下がる理由について解説」をご覧ください。

ビットコインを購入・運用する際の注意点

18歳未満は購入できない

国内取引所の口座開設年齢は18歳以上となっています。

そのため、18歳未満はビットコインを購入できません。

必ず儲かるわけではない

仮想通貨は年々価値が上昇し、今後も上昇していくことが期待できます。

とはいえ、長期保有しても必ず儲かるわけではありません。

少なからず損するリスクがあることを把握したうえで投資を行いましょう。

余剰資金で購入する

仮想通貨はボラティリティが非常に大きいことで有名です。

ボラティリティ:価格変動の度合いのこと

日本円や米ドルなどの法定通貨は短期間で価格が暴落することはありません。

しかし、仮想通貨は数時間、数日で価格が暴落することがよくあります。

そのため、必ず余剰資金で購入するようにしてください。

暴落しても気にしない

ビットコインをはじめ、仮想通貨は暴落することがよくあります。

しかし、仮想通貨は短期的な暴落を繰り返しながらも長期的には価格が上昇しています。

そのため、暴落するたびに一喜一憂しないようにしましょう。

暗号資産詐欺に気をつける

暗号資産に関する法整備やルール作りは万全ではありません。

また、詐欺も行われているため十分注意する必要があります。

詳しくは「暗号資産(仮想通貨)詐欺とは?代表的な詐欺の事例と対策法」をご覧ください。

まとめ

今回は株と仮想通貨どっちが儲かるかについて解説しました。

本記事の内容
  • どっちが儲かる?【結論:仮想通貨】
  • 仮想通貨が向いてる人
  • 株式投資が向いてる人
  • 仮想通貨と株式投資の異なる点
  • 仮想通貨で儲けるコツ
  • おすすめの仮想通貨
  • ビットコインの購入方法
  • ビットコインの運用方法
  • ビットコインの購入・運用に関するQ&A
  • ビットコインを購入・運用する際の注意点

仮想通貨は株よりも値動きが大きいですが、その分儲かりやすくなっています。

また、株よりも少額から購入することが可能。

なお、ビットコインを購入するに仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

まだ口座を開設していない方はこれを機に開設しておきましょう。

おすすめは国内暗号資産取引アプリダウンロード数数No.1のコインチェックです。

\国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次